永代供養の種類

最終更新: 8月5日

永代供養=永代供養墓と思われている方が多いので、ここでは永代供養を行ってもらえる納骨先にはどのようなものがあるのか少し説明したいと思います。元々は先祖代々のお墓を見る人がいなくなるので永代供養墓へ移すときに永代供養料を菩提寺に納めて、後の供養を住職さんにお願いしていました(託していた)。永代供養はその性質上、お墓の種類に関係なく檀家さんが住職さんに永代供養をお願いすれば費用(永代供養料)がかかりますが可能です。

永代供養の種類

 近年は宗教、宗派を問わない色々な納骨先(合祀墓や納骨堂、樹木葬など)に永代供養を付加し、永代供養料が納骨料の中に含まれて販売されているケースも増えています。その場合の永代供養墓の種類は、一般の家墓タイプ、納骨堂(塔)タイプ、共同墓地タイプ、樹木葬タイプ、合祀墓タイプなどがあります。故人や親族のご希望、ご予算に合わせて選べます。最近の傾向としては、ハード面よりソフト面(墓石の外見より供養の中身)を重視される方が増えています。納骨支援の会でも納骨数限定ですが永代供養墓の受付していますのでご参考に(プランと料金 )!


6回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

当サイトの内容は転載・使用を固く禁じます。また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。