納骨とはお墓に埋葬することを言いますが、近年は葬送方法の多様化に伴い、必ずしもお墓に限られるものではなくなってきています。必ずいつまでにという時期は法的に決まりはありません。仏教では、四十九日は故人が極楽浄土へ行けるのか決まる日とされているので、遺族の方たちがそのタイミングで納骨するのが多いと言われています。お墓があればの話ですが、お墓が間に合わない方は、喪に服す期間が終わる区切りとして、1周忌の法要に合わせて行うことが多いそうです。

​墓埋法と民法897条

近年は経済環境を理由に納骨しない方や散骨を選択される方が増えています。かつて昭和のころは飼っていたペットの死体を自宅の庭や大きな木の下に埋めたという経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、人間の遺骨は法律で決められています。墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)の第1章、第4条に 埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない と定められています。また、民法897条(祭祀に関する権利の承継)では 系譜、祭具及び墳墓の所有権は慣習に従って祭祀を主宰すべきものが承継する。ただし被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときはその者が承継する。また慣習が明らかでないときは同項の権利を承継すべき者は家庭裁判所が定める。 とあります。つまり通常の相続と違い、お墓、家系図や仏壇、位牌や法要の主宰の相続は祭祀承継者が引き継ぐことになります。以前は長男が引き継いでいるというケースが多かったのかもしれませんが、時代の変化により、親族会議などで決めるケースが増えています。現在では祭祀承継者がいない、又はお墓の管理が出来ないなどで墓じまいや改葬が増えています。お墓がない方や手元供養の方も多く、納骨に関連する問題は今後も増加していくことでしょう。

NPO法人納骨支援の会のプランで行われる納骨の流れについてご説明します。詳しくお聞きになりたい方はお気軽にご連絡くださいませ。(他の寺院と必ずしも同じではありません)

01

お申込者から​寺院へ送られてきた遺骨の埋葬許可証または改葬許可証を住職は管理し、NPO法人納骨支援の会専用の芳名帳に個人のお名前を記帳します。*戒名をご希望の方は別途NPO法人納骨支援の会へご連絡下さい。

02

​石材店のスタッフにより故人の遺骨は合祀墓へ丁寧に埋葬されます。

03

​住職は墓地または本堂にて納骨式の供養(法要)を行います。*参列は自由ですので、式の当日に参列を希望される方、又は開眼供養などを希望の方はNPO法人納骨支援の会へご連絡下さい。

04

一連の儀式が終了後、NPO法人納骨支援の会と寺院連盟の納骨証明書を発行し、お申込者へ送付します。

05

​その後2ヶ月に一回の合同供養、そして毎年大施餓鬼会で法要が行われます。お参りを希望の方は、「合同供養のお知らせ」ページにて各寺院の供養日程をご確認の上、直接NPO法人納骨支援の会に参加希望の連絡をお願い致します。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram