​永代供養とは?

永代供養とは文字通り永代に渡って宗教者が供養を行うことですが、実際には期限は決まっていません。一般的な永代供養とは33回忌まで行われることが多く、寺院や霊園によって、または金額により違いがありますので、住職や管理者に確認してみましょう。以前は承継者のないお墓(無縁墓)の放置を防ぐため、無縁仏を1ヶ所に集めて無縁塔として供養していましたが、近年の社会情勢や経済環境などにより永代供養墓として普及し、現在では納骨費用が個別のお墓(家墓など)や納骨堂と比較的しても費用が安く抑えられるので急速に広まっています。永代供養墓の特徴は一定期間の後、遺骨を骨壷から出して合祀しますが、合祀墓の普及とともに、近年は最初から合祀して永代供養を行うタイプも有り、永代供養墓の定義は時代とともに変わっています。また、○○回忌の法事を行う家(祭祀承継者)が減少していることもあり、墓地の管理者側で回忌にとらわれず毎年ずっと供養を行っている所もあります。

​永代使用とは?

永代供養と勘違いしやすい言葉として永代使用があります。同じように永代供養料と永代使用料があり、永代に渡り供養をしてもらうことを永代供養で永代の供養料が永代供養料です。そして永代に渡り墓地を使用する権利を永代使用といい、永代の使用料が永代使用料です。一般的に、寺院や霊園の墓地の所有者は管理者(寺院であれば住職)であり、お墓を建てる時はそこの土地を永代に渡り使用する権利として永代使用料を払い墓地の使用許可証が発行されます。そこではじめてその墓地に墓石を設置できます。そして使用している間は毎年管理料がかかってきます。永代に渡りその土地を使用する権利ですので土地を買うのとは異なります。権利だからといって、勝手に売ったり、買ったり、譲渡したりは出来ませんのでご注意下さい。

​永代供養の歴史と変化

​1 永代供養の始まり

そもそも永代供養とはいつ頃から始まったのかと言うと檀家制度が制定された江戸時代が起源と言われています。その後現在のようにお墓の承継者がいない方のために寺院で永代にわたり供養を行うことが始まりで、1985年に滋賀県大津市にある天台宗総本山の比叡山延暦寺の大規模永代供養墓地がそうと言われています。ただし、今のような合祀タイプではなく、個別埋葬型でした。

​3 永代供養場所の変化

平成の長引くデフレ経済や高齢化社会、核家族化により葬送方法が変わり始め、お墓のあり方も急激に変化していきます。大都市圏では、以前は遺骨の一時安置場所であった寺院内の納骨堂が、永代供養付きの、葬儀や法要ができる独立した建物の納骨堂へ変わったり、宗教、宗派を問わず多くの骨壷を収納できる共同墓地や複数の遺骨を埋葬できる合祀墓が増え、それに伴い永代供養付きのタイプが広まりました。

​2 永代供養の普及

1999年「墓地、埋葬法等に関する法律」の改正により、それまで霊園のみに永代供養墓が限られていましたが、改葬手続きが簡略化されたため、元々檀家としてではなく特定の地域に縛られずにいた人がお寺にまとめて布施をし永年の供養を行ってもらっていた永代供養が、インターネットの普及や大規模霊園開発の増加、そして個別寺院にも普及し、全国的に広がって行きました。

​4 新しい永代供養

​そして近年新しいタイプの永代供養としては永代供養付樹木葬があります。1999年に岩手県の祥雲寺(現在は智勝院)で山林を墓地として許可され墓石を使用しない土の中に埋葬する自然をそのまま利用した樹木葬が始まりですが、現在の樹木葬は山林型は少なく、寺院墓地内に作られた庭園型や民間・公営の公園型がほとんどです。この樹木葬に永代供養付タイプが選べる様になっています。

​5 今後の永代供養

​世界的な無宗教者の増加が示すように、今後日本でも特定の宗教、宗派に属さない人の増加が予想されます。また急速な葬送方法の変化は今後も続くと思われます。人口減少と都市部への集約に伴い、お墓の形、弔いの形が変化してゆく中、様々な理由により今後は更に永代供養の需要と、合祀型墓地の需要が増加していくのではないでしょうか。

仏教の法要とキリスト教の儀式

一般的に仏教で行われる法要

・初七日(現在ではお葬式の後続けて行われることが多い)

・四十九日(一般的に忌明けとされこの日に納骨することが多い)

・一周忌

・三回忌(2年目)

・七回忌(6年目)

・十三回忌(12年目)

・十七回忌(16年目)

・二十三回忌(22年目)

・二十七回忌(26年目)

​・三十三回忌(32年目)

キリスト教で行われる儀式

カトリック

・3日目(追悼ミサ)

・7日目(追悼ミサ)

・30日目(追悼ミサ)

・毎年の昇天日(命日)に追悼ミサ

・11月2日(死者の日として追悼ミサ,万霊節)

プロテスタント

・7日目(記念集会)

・10日目(記念集会)

・30日目(記念集会)

​・毎年の昇天記念日(命日)に記念式

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram