永代供養の年会費

最終更新: 8月5日

 今日は永代供養墓の年会費についてお問い合わせ頂きましたので、それについてお話したいと思います。タイトルの永代供養の年会費ですが、ご相談者がおっしゃったそのままの言葉で、厳密には永代供養墓にかかる年間の費用のご相談でした。永代供養の費用は永代供養料として寺院へ収めますので別途永代供養料として毎年費用がかかることはありません。但し永代供養墓(お墓)の種類によって年間の費用がかかるものがあります。例えば、永代供養の付いたビル型の納骨堂は建物の維持管理に費用がかかるため毎年管理料が別途かかってきます。また郊外の大規模な霊園は霊園に管理棟があり管理人が駐在しているため霊園の維持管理や管理人の人件費などがかかるので年会費として管理費用がかかります(余談ですが、菩提寺のある方は毎年護持会費を寺院に収めますが、これはお墓に関連する費用とは関係がないものです)。永代供養墓に納骨するのになぜ毎年管理料を払わなければならないのか?お墓を引き継いだが年会費はいつまで払い続けるのか?など疑問も多いと思います。また販売業者の広告には載っていなかったが、納骨した後で寺院から毎年管理料がかかることを知らされたということもありますので、納骨前にしっかりと確認して、どうしても永代供

永代供養の年会費

養墓で年会費がかかるのが嫌であれば年会費がかからない永代供養墓をお選びになっては如何でしょうか?お墓を引き継いだ場合は、その菩提寺の檀家としての奉仕も引き継ぐことになりますので、まずはそのお墓の管理者である住職さんに色々と聞いて話をしてみるのも良いと思いますし、知らなかった先祖のことを教えてくれるかもしれません。勿論、十人十色で、お経もそれぞれ違うように、住職さんも色々な考えを持っていて寺院で違いがあります。費用があまりにも高額な場合は別として、年会費を払いたくなくて安易に墓じまいしてしまうと逆に高くつくこともあります。お墓は何回も引っ越しするものではありませんし、故人も喜ばないと思います。個別の色々な事情で悩んでいるという方や第三者の意見を聞きたいという方は、遠慮なくお気軽に納骨支援の会へご相談下さい。


10回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

当サイトの内容は転載・使用を固く禁じます。また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。