top of page

6月の花

更新日:6月5日

 5月最終日は台風の影響で関東地方は少し雨となりましたが、今日は天気に恵まれ汗ばむ陽気となりました。13時に上尾市の少林寺で納骨式があるため急いで向かうと、境内にはたくさんの紫陽花が咲いていました。

紫陽花

 6月の花といえば、何を思い浮かべますか?

たくさんあると思いますが、代表的な花といえば、バラ、ラベンダー、クチナシ、

マリーゴールド、カーネーション、ハナハナショウブ、アマリリス、キキョウ、シャクヤク、ヤマボウシなどではないでしょうか。紫陽花は一株?が大きくボリュームもあるので存在感も圧倒的です。

 「今年ももうこの時期か」と毎年同じこ

とを言っているような気もしますが、寺院

の境内に咲いている紫陽花を見ると、何か

清々しく、とても綺麗で、普段感動することが少ない中で、新鮮な光景に映りました。

 日本各地にあじさい寺と呼ばれる寺院が

ありこの時期は参拝者も多く訪れますが、綺麗な紫陽花は大きな本堂や山門にも引けを取らない色とりどりの自然の姿で、まさに参拝者を饗してくれます。

 今日納骨式に来られた方々そしてお墓に納められた故人も、きっと同じように感じられたのではないでしょうか。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page